サクラなしで出会えるおすすめの完全無料出会い系サイトをご紹介しています。女の子と出会いたい男性の方の為に、悪質なサクラの見分け方や、出会い系サイトの攻略方法などを口コミや評価などを元に徹底解析しています。本当に出会える優良出会い系サイトを利用して恋人やセフレ・割り切りの相手探しに役立ててください。

サクラなしで安心して出会えるおすすめの完全無料出会い系サイト

無料出会い系サイト

無料出会い系サイトの年齢確認の必要性と安全性

更新日:

無料出会い系サイトを利用すると、アダルト掲示板とピュア掲示板といった複数のジャンルに分かれたコンテンツが提供されています。

一見するとアダルトコンテンツのみ規制すれば良いと考えがちですが、インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律により、18歳以上の年齢確認が義務付けられています。

法律名が長いので、出会い系サイト規制法と呼ばれることが多いですが、匿名性を利用して見ず知らずの複数の男女が知り合うことを目的としているサイトなので、少なくとも児童が犯罪やトラブルに巻き込まれないように配慮する必要があります。

年齢を偽って登録出来ないようにすることで、出会い系サイトの安全性を高めているわけです。

出会い系サイトで年齢確認をする必要性とは

インターネットが急速に普及して、無料出会い系サイトが広まった頃には、年齢とニックネームを登録するだけで誰でも無料出会い系サイトを利用できる状態でした。

18歳未満の学生であっても年齢を20歳と偽って登録すれば、無料出会い系サイトを制限なく利用出来てしまう状態だったわけです。

出会い系サイト規制法により、18歳以上という年齢確認を行なうことで、自己責任を取れる年齢に限って利用出来ることとし、犯罪行為に巻き込まれる被害者を減らす意味があります。

年齢確認が必要となった理由

年齢を偽って登録すれば、18歳未満の学生でも登録出来てしまう状態が続いていたので、援助交際や美人局など性犯罪を含めた複数の犯罪に18歳未満の児童・生徒が巻き込まれる事案が大量発生しました。

無料出会い系サイトは既に一定の認知度があったので、自分で意思決定が出来る18歳以上の利用者に限定して出会い系サイト運営を認めることにしたわけです。

年齢確認をしなければ利用できないように規制することで、意図的に年齢確認をすり抜けて利用した人との区別を設ける必要が出てきました。

無料出会い系サイトは単なるコミュニケーションの場を提供しているだけでなく、会員をしっかり管理することを義務化したわけです。

年齢確認が行われない出会い系サイトの危険性

無料出会い系サイトを利用しようとした時に、年齢確認があると面倒だからという理由で登録を止めてしまった経験がある人もいるでしょう。無料出会い系サイトに個人情報を晒すことは恐いと感じていて警戒する気持ちも分かります。

しかし、年齢確認に個人情報として氏名や住所を知らせる必要はなく、あくまでも年齢の確認が出来れば良いだけです。

個人を特定出来る情報を必要としない年齢確認すら行っていない出会い系サイトは「出会い系サイト規制法」で取り締まられますし、どのような出会い系サイト管理体制がとられているか不明です。

このように、登録時に年齢確認が行われない出会い系サイトは、会員登録時にユーザーを意図的に逃がさないようにしているため、悪徳業者が運営している出会い系サイトと判断して頂いて大丈夫です。

年齢確認の無い出会い系サイトは違法サイトと認識

インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律により、年齢確認を行わずに登録が完了してしまう無料出会い系サイトは違法です。

摘発されると業務停止命令が下されるだけでなく、運営会社に対しても重い処分が課されます。

年齢確認を行わずに無料出会い系サイトの運営を行なうこと自体が違法ですから、年齢確認が無い無料出会い系サイトを利用する事自体が危険です。

実体が無く、サクラだらけの違法サイトを運営していても不思議ではありません。出会えないサイトに登録しても、意味がないことを知りましょう。

年齢確認の際に必要な証明書の種類や証明する方法

インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律により定められた年齢確認に必要な項目は、3点しかありません。

・生年月日または年齢が記載されている書類
・証明書類の名称された書類
・発行者の名称された書類

の3点です。

個人を識別出来る情報について一切提示する必要が無いので、もし顔写真や住所氏名が掲載されている証明書類を送付する際には、必要な項目以外は隠した状態で提示して構いません。

具体的な年齢確認の方法について代表的なものを知っておくと良いでしょう。

運転免許書を使った年齢確認方法

運転免許証には、生年月日・運転免許証という文字・発行した公安委員会名と印の3点以外の部分は全て隠して送付して構いません。

スマートフォンが普及しているので、カメラ機能を使って撮影し、後からアプリを使って指定ヶ所以外を塗り潰しても良いでしょう。最初から紙で隠すことも、後からアプリで塗り潰しても構わないわけです。

クレジットカードを使った年齢確認方法

年齢確認を行なうために、クレジットカードを利用すれば、18歳以上と確認出来ます。

具体的には100円程度のポイント購入手続きを行なうことで、クレジットカードが有効なことを確認し、クレジットカードが保有出来るのが18歳以上に限られていることを間接的に利用した年齢確認方法です。

クレジットカードは、名義人本人が厳密に管理することになっているので、本人が手続きしたと見做せるわけです。

上記2点以外の年齢確認方法

基本的な3点が確認出来れば良いので、年齢確認を行なう方法としてカード型健康保険証や年金手帳だけでなくパスポートも利用出来ます。

運転免許証やクレジットカードを持っていなくても、公的な身分証明書を利用して年齢確認を行えるわけです。無料出会い系サイトごとに年齢確認に利用可能な身分証明書の種類と提示する項目が記載されているので、利用規約を確認してみると良いでしょう。

主な年齢確認証明書

・運転免許証
・パスポート
・運転経歴証明書
・介護保険証
・住民基本台帳カード
・年金手帳
・マイナンバーカード
・健康保険証
・社員証
・学生証
・卒業証書
・在留カードまたは外国人登録証明書
・国際運転免許証
・資格・検定証(宅地建物取引士証、電気工事士免状等)

-無料出会い系サイト

Copyright© サクラなしで安心して出会えるおすすめの完全無料出会い系サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.